SHINICHI WAKASA

落合陽一/若佐慎一 ぐわぐわぬるぬる : 森からいづる不可視な境界線を廻って

9月1日よりKarimoku Commons Tokyoで落合陽一と若佐慎一の2人展を開催致します。

▼展示概要 

企画名 | 落合陽一 / 若佐慎一 ぐわぐわぬるぬる : 森からいづる不可視な境界線を廻って

会期 | 2022.09.01[木] ‒ 09.25[日](毎週日曜日は休館、最終日9/25(日)のみオープン)

時間 | 12:00-18:00

会場 | Karimoku Commons Tokyo (https://commons.karimoku.com/

入場料 | 無料


企画主催 | 若佐慎一

機材提供・技術協力 | 株式会社セイビ堂

協力 | カリモク家具株式会社、株式会社エモハウス、inu 合同会社、阿座上陽平、公益財団法人日
下部民芸館、飯山寺、神通寺、錦山神社、霊泉寺、株式会社井上工務店、CHAIRMAKER TAKAYAMA
JAPAN 


▼展示背景とコンセプト

この度、Karimoku Commons Tokyo1Fギャラリースペースにおいて、アーティスト若佐慎一の企画主催により、メディアアーティスト落合陽一氏と若佐慎一の2人展を開催いたします。

本展では、それぞれの作家の領域による作品に加えて、木材を使用した新作を発表いたします。

本展示は、若佐と兼ねてから親交があったカリモク家具のアドバイザーである藤本美紗子氏(inu 合同会社)と出会った事がきっかけで始まりました。

先ず、カリモク家具で家具を製造する過程で出る端材や、製造に携わる社員、職人の方々の想いといった、表には出てこないモノ・コトの集積によって、商品が作られているという所に着目することにしました。それは、森と人との間に生まれた日本人的アニミズムの価値観と繋がりがあると考え、森と人との間にある「見えないモノ」を展示コンセプトの中心に据えることとしました。

そこで以前、ファッション・ブランド「凄い若い(https://www.instagram.com/sugoiwakai/)」をともに立ち上げ、上記のテーマにも通じた創作活動を続ける落合陽一氏にお声がけすることに。

落合氏はこれまで、人間とコンピューターの境界領域が調和して1つになる新しい自然観「デジタルネイチャー」を軸に活動をしてきました。本展では、デジタルネイチャーの上に新たな民藝はどう存在しうるのか?という問いから生まれた作品を中心に、木材を使用した新作を発表致します。作品は、作家が提供した3Dデータを元にカリモク家具が持つ技術で制作を行う、新しいコラボレーションによって実現します。

一方、若佐は日本の風土と宗教観をテーマに、漫画やゲーム、アニメの特徴的要素を作品に取り込み、ペインティングを中心に発表してきました。近年、様々な素材を用いた彫刻作品を展開してきましたが、本展では木材を使用した彫刻作品を初めて発表致します。

その彫刻作品は、カリモク家具の商品を生産する過程で生まれる端材を集めてブロック状にした素材から制作を行ない、自然やそこから派生するモノ・コトと日本人との関係性を表現しております。

COVID-19によって、人と人の直接的な交流を制限する要請がある中で、自分と向き合わざるを得ない状況となりました。「個」が強調されるポストコロナ時代に於いて、これから、更なるアイデンティティの探求が求められる未来になると考えています。

「ぐわぐわぬるぬる:森から出づる不可視な境界線を廻って」では、国土の7割が森や木で覆われている風土と、その歴史や文脈がもたらすアイデンティティを再考し、もともと、日本にある「訳のわからなさ」や非合理性、上下左右、カオティックな世界と秩序など、其々の領域を横断しながら、相反するモノ・コトを常に内包して進み続けるこの世界に希望を見出しつつ、新たな可能性を探ります。

若佐慎一


ポストコロナの生活の変化は,定在遊牧時代ともいうべき状態に近づき,デジタルと身体の垣根はますます薄れていき,我々が生活や文化の中で憩う「豊かさ」の再考を我々に求めているように思う.この変化は狩猟採集社会,農耕工業社会,情報社会と変化してきた我々人類の変遷の中で定在遊牧性社会という新しい時代区分に差し掛かっているように見える.これは,社会それそのものの基盤がよりソリッドステートに近づき可動部分が少なくなり,人々の営みが生じる環境負荷についても明示的にトラッキングされる.その様は遊牧民が環境負荷に応じて彷徨う牧畜の群れとともに変遷することによって可視化されるように,我々もまた各々の環境負荷に明示的になりながら,この遍在する社会を生きることに繋がっている.その思考の連続の中で,改めて森や木の文化,精霊,神話,目に見えない・聞こえない,感じられないものを探していくことは信仰というよりは民藝的な倫理,むしろ生活の営みや規範を再認識し,自らが立脚する歴史的な文脈を理解することで生きることそれそのものに向かうための気力を養うことに近づいている.そこで再考される豊かさとは物質的・資本的なものに限らず,味わい深いコンテクストを理解したり,何気ない日常の調度品を眺めることの中に憩いや精神的充足を感じるような,時間と空間をより重層的に感じることによる心の豊かさを志向するものであろう.

「ぐわぐわとぬるぬる,森から出づる不可視な境界線を廻って」と題されたこの展覧会は定在遊牧性から新たな豊かさを指向するコンテクストをもとに,より身体的でより非言語的な可能性へ,民藝的な展開を円空仏や廃品の再利用などを通じて行いながら,メディアとデータ,計算機と自然,木工に代表されるような狩猟採集時代の豊かさへのオマージュを通じて,身体性とグルーヴを描き出そうとしている.哲学者のイヴァンイリイチが1970年代にコンヴィヴィアリティを参照した際に悦な体験というものの宴会的性質を排除して考えていたが,民藝美は再び豊かな悦な体験を通じてリミックスされ,身体性をより喚起する方向へと変化すべきなのではないかと我々は考えている.この展覧会を通じて,身体と遍在性の関係,分断の超越,サステイナビリティと伝統や文化とのマリアージュを体感してほしい.見えぬもの,しかし感じられるもの,表現するための単語はないが,ひょっとしたら擬音語や擬態語のオノマトペがその身体感覚を表象できるものなのかもしれない.

落合陽一 


▼アーティストの紹介 

落合陽一 

メディアアーティスト。1987年生まれ、2010年ごろより作家活動を始め、境界領域における物化や変換、質量への憧憬をモチーフに作品を展開する。筑波大学准教授、 京都市立芸術大学客員教授、大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学特任教授、金沢美術工芸大学客員教授。2020-21年度文化庁文化交流使、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)テーマ事業プロデューサーなどを歴任。

2016年PrixArsElectronica栄誉賞、EUよりSTARTSPrizeを受賞、 2019SXSWCreativeExperienceARROWAwards受賞、Apollo Magazine 40 UNDER 40 ART andTECH, Asia Digital Art Award優秀賞。

近年の個展として「未知への追憶(渋谷マルイMODI・2020)」,「物化-Transformation of Material Things-(香港アーツセンター・2021)」,「遍在する身体,交錯する時空間(日下部民藝館・2022)」など。

「New JapanIslands 2019・2020」エグゼクティブディレクターや 『落合陽一×日本フィルプロジェクト』などの演出も務め、さまざまな分野とのコラボレーションも手掛ける。

https://yoichiochiai.com/ 


若佐慎一 

1982年広島生まれ。広島市立大学大学院修士課程(日本画)修了。大学で日本の伝統画法を学び、学部卒業制作を同大学の首席に当たる「買い上げ」となる。卒業後、月刊美術主催公募展「デビュー」にて準グランプリ受賞。

日本の風土と宗教観をテーマに、漫画やゲーム、アニメの特徴とされる要素を作品内に取り込み制作する。

活動は国内外問わずその場を広げ、京都伝統工芸の「長艸繡巧房」に原画提供や、NYのファッションブランド「sawa takai 」、アイドルグループでんぱ組.incの相沢梨紗が手がける「MEMUSE」とのコラボ、そして、メディアアーティスト落合陽一、デザイナー串野真也と共にファッションブランド「凄い若い」を立ち上げるなど多岐にわたる活動を見せる。

栃木県立美術館、広島市立大学、円覚寺塔頭龍院庵、作品所蔵。

https://www.shinichiwakasa.com/




若佐慎一 個展「WAKASALAND

日時:2020 年 12 月 18 日(金)~2021 年 1 月 23 日(土) 14:00-22:00 

休廊/月曜・火曜 ・12 月 28 日~1 月 5 日 

場所:y gion 4F  (http://www.ygion.com)

京都市東山区弁財天町 19 Ygion4F / 京阪本線「祇園四条」「三条」駅、徒歩 3 分

GoogleMaps: https://g.page/ygion-kyoto

 ※会期中は新型コロナウイルスの感染拡大予防対策を実施しております。ご協力のほど宜しくお願い致します。 


京都の祇園にあるクリエイティブ雑居ビル「y gion」にて個展を開催致します。
京都では 5 年ぶりの個展になります。
日本に古くから今も伝わる神様の在り方をテーマの中心に招キ猫様、獅子様、立体の招キ猫様といった、若佐の代名詞となるシリーズ作品を中心に新作 20 数点展示予定。


parfait 若佐慎一 個展「あの世≒この世≒その世」

代表作「招き猫様」をはじめ日本の偶像を煌めかせてきた若佐慎一氏の作品には、現代の日本人がないがしろにしてきた感性を再び揺さぶらせる力強さがある。
今回の個展のテーマは「あの世≒この世≒その世」。
わたしたちは日常の生活の様々なコミュニティの中で、偶像を演じてはいないだろうか。そしてそれは煌めいたものになっているだろうか。若佐慎一氏が偶像を通じて煌めかせるこの世とあの世とその世。
個別最適ではなく、あの世とこの世とその世を「≒」により全体を統合した世界観が、多くの人々の琴線に触れることを期待したい。
[PARFAITキュレーター/演出家 國友尚]

オープニングレセプション
9/14(sat) 17:00-20:00
※当日は軽飲食をご用意いたします
協賛:Clear Inc.

日時
2019/9/14(sat)~29(sun)
開館日:
9月15日(日) 13:30-17時
9月16日(月) 13:30-17時
9月17日(火) 13:30-21時
9月18日(水) 13:30-22時
9月19日(木) 13:30-22時
9月20日(金) 13:30-22時
9月21日(土) 13:30-17時
9月22日(日) 休み
9月23日(月) 13:30-20時
9月24日(火) 13:30-16時
9月25日(水) 13:30-18時
9月26日(木) 休み
9月27日(金) 13:30-22時
9月28日(土) 13:30-18時
9月29日(日) 13:30-18時

会場
PARFAIT(東京都千代田区神田) 

※最寄り駅は小川町、新御茶ノ水、淡路町、神保町etc. 
※住所非公開のため、ご参加の方には個別でお知らせ致します。 ご連絡先/sp728re9@mirror.ocn.ne.jp



過剰な包装 | Excessive packaging

このたび立石従寛、丹原健翔、若佐慎一は、完全招待制のグループエキシビションを企画いたします。 本企画は其々のジャンルで活躍するアーティスト三人の共同制作作品を主とした展示構成の特別展です。立石が一年間制作スタジオとして滞在した恵比寿のアパート一室を使い、三人に共通した「人の在り方」を切り口にした現代社会の暮らしと物品の関係性を模索します。

現代の科学技術によるグローバル化により、我々は場所や時間を超えた流通が可能になりました。一方で、指一本で人・モノとつながりコミュニケーションがスマート化される中、流通そのものの方法論を主軸とした議論だけ進むようになりました。流通における安心・安全と引き換えに、我々は包装の中の対象の価値を視えなくなっているのではないでしょうか。

傍観者、観測者として視えるものと当事者が扱う物品の間に、身を守るための緩衝材があるのだとしたら、それは何を守り、何を包み隠してしまうのか。本展ではその境界自体に向き合い読み替えることで、新たに視える現代の曖昧な「在り方」を提示しようと試みます。 

日時
9/20(fri)~28(sat) 15時~20時

場所

東京都渋谷区恵比寿2丁目

※本企画は完全ご招待・予約制の企画のため、ご来場の前にお時間と人数を予めお知らせください。時間外でのご来場を検討されている場合、一度お問い合わせください。

※住所非公開のため、ご参加の方には個別でお知らせ致します。

連絡先
立石:hi@jukan.co
丹原:ktambara@amatorium.com
若佐:sp728re9@mirror.ocn .ne.jp 

立石従寛
1986年アメリカ合衆国・シカゴ生まれ。
ノンヒューマン・アーティストとして、従来の写真と音に加え人工ニューラルネットワークや仮想現実、立体音響を用いたインスタレーション表現に挑戦。人工知能のみる風景に流れ込む人間の像を観察する。代表作に「その-それら| It is that it is」、「ことばおどる」、「Abiotope」など。
2017年に渡英、Royal College of Artにおいてファインアートフォトグラフィーの修士号を取得中。修士論文「It can sing; it can compose; it can shoot」で首席。

丹原健翔
92年生まれ。ハーバード大学卒。キュレーター、アーティストとして米国で活動した後、日本でアーティストマネジメントを行うアマトリウム株式会社設立。個人で現代の人のつながりをテーマにした儀式をつくる作品制作をする傍ら、アートユニットAnotherFarmとして人類と自然の共生をテーマに活動。主な出展にNature - Cooper Hewitt Design Triennial (2019, New York)、未来と芸術展 (2019, 森美術館) など。キュレーターとして森山大道展(2019, 旧山口萬吉邸)、Multi-cultural Appropriation(2019、川口リアクション)など。

若佐慎一
1982年生まれ。広島出身。広島市立大学で日本の伝統画法を学び、卒業制作を同大学の首席に当たる買い上げとなる。
卒業後、月刊美術主催公募展「デビュー」にて準グランプリ受賞。
その後国内外問わず発表の場を広げ、伝統工芸の「長艸繍巧房」への原画提供や、NYのファッションブランド「sawa takai 」、でんぱ組.incの相沢梨紗が手がける「MEMUSE」とのコラボなど多岐にわたる活動を見せ、近年は横浜駅直結の複合型エンターテイメント施設「アソビル」で巨大壁画を制作する。

1